スピリチュアル・レポート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  
 
  
 
 

用語解説

 
 
  

四諦・八正道(したい・はちしょうどう)

  
 
 
 
紀元前500年、明けの明星が瞬くころ、お釈迦さまは偉大な悟りを得ました。
 
 
お釈迦さまの菩提樹下での悟りは、「四諦・八正道(したい・はちしょうどう)」であると言われています。
 
 
四諦(したい)とは、苦・集・滅・道(く・じゅう・めつ・どう)の四つの真理です。
 
 
 
 

 
 
 

 

【1】苦(く)

 
 
 
人生は、様々な苦しみで、満ち満ちています。
 
 
お釈迦さまは、この苦しみを大きく八つに分類しました。
 
 
これを四苦八苦といいます。
 
 
四苦とは、生・老・病・死(しょう・ろう・びょう・し)の四つの苦しみです。
 
 
 
生(しょう):
 自由自在な極楽浄土から人生修行のために、わざわざ不自由なこの世に生まれて来る苦しみ
 
 
老(ろう):老いて行く苦しみ
 
 
病(びょう):病んで行く苦しみ
 
 
死(し):死に行く苦しみ
 
 
 
八苦とは、これに、
 
 
 
怨憎会苦(おんぞうえく):嫌いな人と会う苦しみ
 
 
愛別離苦(あいべつりく):愛する人と別れる悲しみ
 
 
求不得苦(ぐふとくく):求めても得られない苦しみ
 
 
五陰盛苦(ごおんじょうく):五感煩悩が燃え盛る苦しみ
 
 
 
の四つの苦しみを加えたものを言います。
 
 
 
 


 
 

 
 

【2】集(じゅう)

 
 
 
「これらの苦しみから逃れるためにはどうすればよいのか…
 
 まずは、苦しみの原因を見抜くことが大切である」
 
 
お釈迦さまは、こう考えました。
 
 
これを集(じゅう)と言います。
 
 
 
 


 
 

 
 

【3】滅(めつ)

 
 
 
「苦しみの原因が理解できたら、次にすることは、これを取り去ろうと努力することだ」
 
 
苦しみの原因を滅しようと努力すること…
 
 
お釈迦さまは、これを滅(めつ)としました。
 
 
 
 


 

 
 
 

【4】道(どう)

 
 
 
「苦しみの原因を滅するためには、どうしたらよいか」
 
 
お釈迦さまは、そのための八つの道を表わしました。
 
 
八正道(はちしょうどう)。
 
 
八つの正しい反省法(心のマネジメント法)です。
 
 
 
正見(しょうけん)
 物事の原因・結果、『縁起の理法』を見抜く眼力をつけること
 
 
正思(しょうし)
 冷静に自分の内面を見つめて、心の実相を掴むこと
 特に、むさぼりの心と、怒りの心と、愚かな心に注意すること
 
 
正語(しょうご)
 言葉を調律すること
 特に、以下の四つに気をつけること
 1、嘘・偽りを言わないこと
 2、他人の悪口を言わないこと
 3、二枚舌を使わないこと
 4、度の過ぎたお世辞を言わないこと
 
  
正業(しょうごう)
 身体の行為を慎み、日々正しき行ないに従事すること
 
 
正命(しょうみょう)
 心を正し、言葉を正し、行いを正した生活をすること
 
 
正精進(しょうしょうじん)
 毎日、悪の誘惑から去って、善を取っていくこと
 怠け心を捨て去り、真理の学びを深めていき、仏説流布に励むこと
 
 
正念(しょうねん)
 仏道修行に専念すること
 
 
正定(しょうじょう)
 正見から正念までを振り返り、深い禅定に入ること
 
 
 
「毎日、この八正道を行ずることにより、人間は仏に近づいていくことができる」
 
 
これが、お釈迦さまの菩提樹下での最初の悟りであると言われています。