スピリチュアル・レポート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
 
 

用語解説

 
 
  

常  勝  思  考

 
 
 

 
 
 

 
逆境時には内省的になり、自らの弱点を研究し自己鍛練に励むこと
 
 
順境時には驕ることなく、多の人々に幸福を与えられるよう、
 自他共に発展していける仕事に従事すること
 
 
 
この両者の考え方を常に持ち、実践し続けていれば、逆境、順境、どちらに転んでも、常に目の前には、成功へのレールが引かれているという考え方です。
 
 
逆境時と順境時の行動を見れば、その人間の器が測れるといわれています。
 
 
この両者をクリアーしていくことにより、徳が培われていきます。