Spiritual Art Energy Art

スピリチュアル・アート綾小路有則の世界(エネルギーアート)

HOME | バースカラー | バースカラーとは

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

綾小路有則 あいさつ

 
 
 

2010年頃から、スピリチュアル・アートは、奇跡を起こすアートとして有名になりましたが、近年、全身の生体磁場エネルギー情報を読み取り、心身の健康状態を客観的に評価する世界最先端技術で開発された量子波動測定器「メタトロン」を使用した実験で、スピリチュアル・アートを鑑賞した人の健康数値が格段に上昇することが証明されました。(実験をしてくださったのは、メタトロンを国内に紹介した第一人者・吉川忠久 氏。)
 
 
そして2021年より、色彩科学研究所 株式会社が、奇跡の引寄せ現象を実証するべく、応援してくださることになりました。
 
 
 
 
そこでこの度、色彩科学研究所が提唱している「バースカラー診断(有料)」を申し込まれた方のみ、貴方様の名前と貴方様のバースカラーが刻印されている「待受画面」と「スピリチュアル・アート」が購入できることになりました。
 
 
 
 

これは、世界に一つしかない、貴方だけのスピリチュアル・アートとなります。

 
 
 

 
 
 

メタトロンによるスピリチュアル・アート実験


 
 
私は生涯をかけて「奇蹟が起こる背景には、必ず神仏が介在していてる」ことを、医療科学者の協力を得て、エビデンスを示すことにより、科学的に証明し続ける所存です。
 
 
今後とも、宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m
 
 
 
 


 
 
 

色彩科学研究所が提唱している
バースカラー理論とは

  
 
 

 
 
 
 
人間の五感(視覚・味覚・聴覚・嗅覚・触覚)のうち、色に関わる視覚情報は、人間が受ける全情報のうち約58%を占めると言われています。
 

バースカラー理論は、一般的な配色理論や感覚的なイメージだけでなく、私たちの心身と自然界との関係を生理学、脳科学、量子学、物理学、光科学、幾何学、天文学、統計学、感性科学、太陽学、数秘学、心理学、気学、運命学、西洋哲学、東洋哲学などのさまざまな分野の叡智を融合し、色彩科学研究所にて科学的根拠に基づき体系化されたシステムです。
 

「使う立場」 「視る立場」から「色」をとらえ、人それぞれに役立つ「色」を確定させます。
 

「目的に応じて自分のために、その時々必要な色を使い分ける」 色を意識的に使い分けることで、自己のメンタル・集中力・思考力・想像力をコントロールします。
 
 
仕事・ 学業・スポーツ・恋愛・健康にも威力を発揮します。
 
 
 
バースカラー診断(有料)についての詳細は、下記をクリックしてご覧ください。
 
 
 

 
 
 


 
 
 

代表あいさつ

 
 
 

バースカラーアカデミー
山口 貴亮 代表

 
 
 
 自分の色(波長)を知り、色を感じ、色を身につけることによって、さらに運気UPし、より豊かに、幸せになれるとしたらどうでしょうか?
 

そんな魔法のような素敵な色が、あなたのバースカラー(Birth Color)です。
 


「運」は言葉(言霊)、考え方(知識)、人(出会い)、タイミング(機会)などの様々な要因によって作用されます。
 

その中でも自分がブレないということが、「運」を作用する大きな要因の一つだと考えております。
 

自分の軸(センター)が決まり、それがブレないということです。
 

自分のバースカラーを使用することで自分の個性(強み)を発揮し、人生をより豊かにすることを目的とした、とても神秘的な、奥の深い学問がバースカラーです。
 

個々の人々に合わせた色を、1440色の中から色彩研究(バースカラー理論)に基づき診断し、「バースカラーバイブル」として商品化することに成功しました。
 

その理論、商品を正確に伝える人財を育成する機関として設立されたのがバースカラーアカデミーです。
 

8年間で約500人のインストラクター、セラピストの養成と、数万人の方にバースカラーバイブルを提案させていただいております。
 

お陰様で今では年代を問わず、バースカラー愛好者の方は日々増えております。
 
 
近年では海外の方、著名人やスポーツ選手のバースカラー愛好者も増えてきております。
 

また、建築業(リフォーム、塗装)、デザイン(LOGO、Web)、アパレルなど様々な分野の企業様に効果的に色を取り入れ、売上のUP、オフィス環境改善のご提案などもさせていただいております。
 

バースカラーがより多くの人に広がり、世の中がもっと明るく豊かになるお手伝いができれば幸いです。