Spiritual Art Energy Art

スピリチュアル・アート綾小路有則の世界(エネルギーアート)

HOME | Gallery2 | 菩提樹の宙:黎明

 
 
 
 

菩提樹の宙・黎明

 
 
 
悟り
 
 
『菩提樹の宙・黎明』の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
悟り
 
 
『菩提樹の宙・黎明』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
 
悟り
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
6号(額代、送料込み)
 150,000円(本体価格)
 165,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 220,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 330,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 440,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

スピリチュアル・アート
 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
スピリチュアル・アート
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
菩提樹下で大悟されたお釈迦さま。
 
 
その悟りは宇宙創世の秘密まで至ったといいます。
 
 
絵画『菩提樹の宙(ぼだいじゅのそら)黎明』は、皆さまがお釈迦さまが得た境地に近づけるよう、創造、慈悲、永遠、智慧、悟り、進歩、調和、融和、癒し、健康、静寂、平安等のエネルギーを込めて描きました。
 
 
癒しのパワーが強いので、「癒された」「励まされた」「元気になった」「ウツ状態が良くなった」という感想をよく頂きます。
 
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
 
仏陀というのは、お釈迦さまのことを指しますが、個人名ではなく、「覚者」を指す尊称でありました。
 
 
キリスト教的にいえば、救世主にあたります。
 
 
そして、お釈迦さまも個人名ではありません。
 
 
古代北インドには、釈迦(शाक्य シャーキヤ)という領国がありました。
 
 
サンスクリットで「釈迦族出身の聖者」という尊称は、「シャーキヤムニ(शाक्यमुनि)」といいます。
 
 
これを音写した釈迦牟尼(シャカムニ)を省略して「釈迦(シャカ)」と呼ばれるようになったのです。
 
 
お釈迦さまの本名は、「ゴータマ・シッダールタ」といいます。
 
 
今から2500年前、インドの釈迦族の王子として生まれました。
 
 
お釈迦さまが生まれた際、アーシタ仙人が、シュッドーダナ王(お釈迦さまの父)を訪れて、下記を予言しました。
 
 
 
「この赤ん坊は、まれに見る偉大な魂です。俗世にあれば、世界を統べる転輪聖王(てんりんじょうおう)となり、出家すれば、悟りを得て、仏陀となるでしょう」
 
 
 
仏陀、救世主、転輪聖王。
 
 
三者とも人類を幸福にするために、神さまより遣わされた「光の使者」なのですが、敢えて違いを説明いたしますと、仏陀は、悟りと修行、霊界の秘義を人類に教える「教師」としての面が強く、救世主は、愛や慈悲や信仰心を教えて人々を救済する面が強く、転輪聖王は、力を持って正義を遂行し、理想国家を建設する王、と言ってよろしいかと思います。
 
 
ゴータマ・シッダールタは、出家してから6年間、苦行を行いました。


しかし、苦行を通しては悟れないことを見抜き、菩提樹の下で深い冥想をするようになります。

 
 
この冥想修行中、悪魔マーラによる妨害が、数多くあったと言われています。
 
 
これは、イエスさまが悟りを得るために、荒野で四十日四十夜冥想をしているとき、悪魔ベルゼブブの攻撃を受けたというケースとまったく同じです。
 
 
そして、ゴータマ・シッダールタは、ある日、明けの明星が瞬く頃、菩提樹の下で大悟して仏陀となったのです。
 
 
この絵は、ゴータマ・シッダールタが仏陀として覚醒する前日。
 
 
世界の黎明を表しています。